マンション売却時に贈与税が発生する例について

中古マンションを売却する際にかかる税金と言われて、一般的に思い浮かぶのは所得税でしょう。住宅に限らずさまざまな物の売買において利益が発生したときは、その利益に対して税金が発生します。したがって、マンションについても購入時の費用(及び仲介手数料などの諸費用の合計額)よりも売却したときの金額の方が上回った場合には、その上回った部分を利益とみなして課税されます。加えてもうひとつ、贈与税が発生する場合もあります。贈与税とは、文字通り何ものかを贈与した場合、つまり無償で与えた場合に発生するものです。住宅の場合であれば、たとえば親名義の物件を子ども名義に書き換えたといった事例において、これが無償で行われた場合には当然贈与とみなされますし、たとえ有償で売却したとしても、価額が時価よりもいちじるしく安かったときには、一部を贈与したとみなされてその部分において課税されます。また、反対にいちじるしく高かった場合は、今度は購入した側が金銭を贈与したとみなされて、やはり課税対象となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です