カテゴリー別アーカイブ: 未分類

マンションを1円でも高く売る2つの秘策

そこそこの仕事に就いていれば住宅ローンが簡単に組めるので、マンションを買うのは思っている以上に簡単です。しかし、マンションを買った後に売らなければならない事情が出てきてしまうことも多々あります。マンションを売ってみて思うのですが、本当に「買うのは簡単だけど売るのは難しい・・・」と実感する人が多いみたいです。今回は、マンションを1円でも高く売る2つの秘策をご紹介したいと思います。1つ目の秘策は、1日でも早く不動産会社に買い手を探してもらうようにお願いすることです。マンションは他の売買と違って高額な商品なので、数日や数週間で売れるものではありません。仮に数日で買い手が見つかったとしても、こちらの希望する売値に対して値引きを要求してくるかもしれません。また、マンションの内装やその他の部分にケチをつけてくるかもしれません。そのような買い手には後々トラブルになっても嫌だし売りたくないですよね?やはり気持ちよく売りたいですよね?そのためには、1日も早く不動産会社と契約を結ぶことです。急な売却なら仕方がありませんが、計画的な売却なら3ヶ月から半年以上前には不動産会社と契約しておけば焦ることなく、買い手を吟味して売ることができるでしょう。2つ目の秘策は、信頼できる不動産会社を選ぶことです。不動産会社は星の数ほどありますが、本当に信用できる担当者に出会うのは意外に骨が折れることなのです。やる気のない担当者にいくらお願いしても良い買い手を見つけてはくれません。毎日でも連絡してくれて活発に積極的に動いてくれる担当者が見つかるまで、諦めずに不動産会社をまわりましょう。売り急がせるような不動産会社には要注意です。

マンション資産価値向上のための植栽メンテナンス

多くの人が生活を共にするマンションでは、そこで暮らす人が暮らしやすい生活環境を整える事が大切です。快適性のある暮らしは暮らしを豊かにし、毎日をワクワクドキドキさせてくれます。マンションの周りに植栽されている木々も同じです。マンション植栽管理の作業は様々あります。機械を使わず1枝づつ職人が丁寧にハサミで切っていく剪定と、苅込ハサミやトリマーを使用する苅込でメンテナンスを行います。作業は高木剪定・中低木生垣苅込・樹木の消毒・除草・芝刈り・施肥があります。高木剪定は3メートル以上の大きな木の剪定です。機械は持ち運びできないので職人の手作業になります。中低木生垣苅込は2メートル以下の植木が対象で苅込ハサミでの作業になります。また用途的に目隠しが多い生垣は防犯面を考え、高さや密度を微調整していきます。樹木の消毒は年に数回必要な作業になります。必要最低限の消毒で植木に優しい消毒となります。樹木を美しく維持する事で資産価値向上に繋がります。

マンションの躯体劣化と耐久性

マンションの構造は低層なら鉄筋コンクリート造が主流で、高層なら鉄骨鉄筋コンクリート造が一般的な構造となります。鉄筋コンクリート造は非常に耐久性が高く、躯体の劣化は長期間に渡り起こらないのが普通です。劣化が早く起こるケースでは施工品質が極端に悪い場合や、鉄筋のかぶりが適切に保たれていないなど、特別な理由を除き60年程度まで問題なく建物形状を保つことができます。60年前後の年数が経つと、コンクリートの剥離から鉄筋が露出し始めますので、この状態になると躯体の劣化が急速に進んでいきます。ですから中古マンション物件でも、極端に古い場合を除き長く住み続けることが可能となるのです。鉄筋コンクリート造にはラーメン構造と壁式構造があります。躯体の構造による違いは内部空間の自由度の高さや、柱型によって無駄なスペースができてしまうなどがありますが、耐久性と耐震性能に関しては他の構造とは比較できないほどの性能を持っています。設計時においては構造計算が必須となりますので、構造体への不安を持つ必要は無いと言えます。

マンションの売買の際に即金即買を利用する

マンションなど、不動産の売却においては、買取価格が相場などによって時期的に変化するために、期間に余裕を持って行う事が望ましいものです。売り渡し価格が決定しても、不動産業者などを介して行う場合には、後日入金など、買取金の受け渡しにしても、一定の期間を設ける事が一般的です。 不動産の取引は、他の資産の取引に比べて、金額が高額になりますし、不動産登記の変更手続きなどの法令上の手続きが必要になる事も、その原因の一つです。また、大きな取引になるので、取引自体を慎重に行うためという意味もあります。しかし、転勤や転居などが急に決まり、不動産の処分についても、急いで行う必要がある事もあります。また、処分により入手した金銭を、他の事業用途に流用するなどの場合にも、取引の緊急性が認められます。このようなときには、時間をかけて処分するという余裕がありません。そのようなときには、現金による即金即買も検討する事が必要です。

マンションを売却した時の火災保険

マンションを購入した時に、銀行でローンを組む時に一緒に火災保険や地震保険への加入を勧められるようです。もちろん、そこで入らなくても、他の保険会社の保険に加入するのもできるようですが、銀行にとっては、担保にしたマンションが火災などで無くなってしまったら借した分が戻ってこない事になってしまう可能性がありますから、必ず入っておく必要があるものです。火災保険は、払い方が年払いと一括でローンを組んでいる年数分を納めるものがあります。そこでマンションの売却が決まった時に、火災保険の一括払いをしていた場合にはそれ以降の分が戻ってきます。ただ、なにもしなくても戻ってくることはありません。何月何日付けで売却の為に解約したいという事を伝えないと手続きは始まりませんので、気をつけたいものです。勿論、地震保険も解約すれば戻ってきますので忘れないようにしたいものです。また、手続きしてもらう電話連絡をしてから実際に自分の口座にお金が戻るまでには、1ヶ月から2ヶ月はかかるようです。

マンション売却時に贈与税が発生する例について

中古マンションを売却する際にかかる税金と言われて、一般的に思い浮かぶのは所得税でしょう。住宅に限らずさまざまな物の売買において利益が発生したときは、その利益に対して税金が発生します。したがって、マンションについても購入時の費用(及び仲介手数料などの諸費用の合計額)よりも売却したときの金額の方が上回った場合には、その上回った部分を利益とみなして課税されます。加えてもうひとつ、贈与税が発生する場合もあります。贈与税とは、文字通り何ものかを贈与した場合、つまり無償で与えた場合に発生するものです。住宅の場合であれば、たとえば親名義の物件を子ども名義に書き換えたといった事例において、これが無償で行われた場合には当然贈与とみなされますし、たとえ有償で売却したとしても、価額が時価よりもいちじるしく安かったときには、一部を贈与したとみなされてその部分において課税されます。また、反対にいちじるしく高かった場合は、今度は購入した側が金銭を贈与したとみなされて、やはり課税対象となります。